すのさき鍼灸整骨院 副院長のブログ

北海道室蘭市にある鍼灸整骨院『すのさき鍼灸整骨院』の副院長ブログであります。鍼灸のイメージを変えるために常に“鍼アップ☆”と言う想いで現場にいます。それにこの場所が“鍼ウッドの拠点”になり、来てくれる皆様が主役になれるようにお手伝いします! ブログ内では、お知らせ・イベント情報を載せて皆様のもとへお届けしたいと思います。 よろしくお願いします。

すのさき鍼灸整骨院 副院長のブログ イメージ画像
身体を痛めると“あの頃は元気だったのになぁ…”と思い返してしまう事が多々あります。あなたの心の中には、あの頃に自分に戻りたい。〇〇したいと言う感情が生まれます。そのようなマイナスになった心身をゼロ(平)へ導くお手伝いを当院で行ないます。

ホームページはこちら
https://www.harimuroran.com/

股関節障害

股関節痛・臀部痛の症例報告です。今回は、歩くと痛くて跛行してしまうほどの痛み方をしていました。立ち仕事を考慮し、私が注目したのは重心であります。当の患者さん、股関節障害を抱えており荷重バランスを乱していました。そこで、重心を整えることから施術を始めました
『跛行してしまう股関節の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

家庭内でかくれんぼをしていて、痛めた股関節の症例です。小学生でありますが当院への通院は慣れていることから大人と同じ鍼をしています。股関節の緊張、今回は動きの他に“くすぐったい”と言う小児独特の緊張もありました。これを整えていくことが施術ではポイントとなり
『かくれんぼをしていて痛めた股関節 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

サッカーをすると股関節の痛みを訴える小学生の症例です。小学生であり、少し鍼に抵抗があったのでパイオネックスと言うシール鍼で対応しています。またこれも効き目効果が良いのです!股関節の緊張、今回は動きの他に“くすぐったい”と言う小児独特の緊張もありました。こ
『サッカーをすると痛い股関節の前側 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

股関節のトラブルの症例です。痛み・痺れが全体的に出ていた症例でした。このような時どのように施術を行ったでしょうか?痛みであっても違和感でも同様に行います。まずは可動域のチェックであります。どの動きに制限がかかるか?あとどのようにすると痛いか?今回は身体の
『長年の股関節のトラブル・併発した踵の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

股関節のトラブルの症例です。痛みと言うと違和感が前面に出ていた症例でした。このような時どのように施術を行ったでしょうか?痛みであっても違和感でも同様に行います。まずは可動域のチェックであります。どの動きに制限がかかるか?あとどのようにすると痛いか?今回は
『部活動の再開で痛めた股関節 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

股関節のトラブルの症例です。痛みと言う良いは違和感が前面に出ていた症例でした。このような時どのように施術を行ったでしょうか?痛みであっても違和感でも同様に行います。まずは可動域のチェックであります。どの動きに制限がかかるか?あとどのようにすると痛いか?今
『股関節の違和感 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

股関節が痛む症例です。臀部や股関節前部に広がった痛みもツボが解決してくれました。足指のツボは使用頻度が高いツボであります。腰部ー下肢をつなぐ役目がありこの機能が落ちてくると動きが歪み、痛みを発することが多いと思います。そのため、この部分の緊張を解すことを
『授乳により痛めた股関節 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

走ると鼠径部の中央が痛む症例です。小学生であり、少し鍼に抵抗があったのでパイオネックスと言うシール鍼で対応しています。またこれも効き目効果が良い!股関節の緊張、今回は動きの他に“くすぐったい”と言う小児独特の緊張もありました。これを整えていくことが施術で
『走ると痛い鼠径部 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告 』の画像

股関節の痛み、中でも授乳により痛めたと思われる症例です。産後の方が多く来られ、股関節の痛みは本当に多い疾患と思います。授乳姿勢、和式の生活様式の変化、骨盤のアライメント不全など…このような時鍼は有効であります。股関節には鍼をしません!【症例はこちら】ツボ
『産後の股関節の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

股関節の痛みをツボネットに追加しました。デスクワーク主体のお仕事の方は、同じように悩んでいる方がいるかもしれません。股関節の前側が突っ張る、反ると痛い、椅子から立ち上がるときに痛いこのようなお悩みを多く聞きます。【症例はこちら】ツボは繋がりを高め、身体の
『股関節の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

↑このページのトップヘ