すのさき鍼灸整骨院 副院長のブログ

北海道室蘭市にある鍼灸整骨院『すのさき鍼灸整骨院』の副院長ブログであります。鍼灸のイメージを変えるために常に“鍼アップ☆”と言う想いで現場にいます。それにこの場所が“鍼ウッドの拠点”になり、来てくれる皆様が主役になれるようにお手伝いします! ブログ内では、お知らせ・イベント情報を載せて皆様のもとへお届けしたいと思います。 よろしくお願いします。

すのさき鍼灸整骨院 副院長のブログ イメージ画像
身体を痛めると“あの頃は元気だったのになぁ…”と思い返してしまう事が多々あります。あなたの心の中には、あの頃に自分に戻りたい。〇〇したいと言う感情が生まれます。そのようなマイナスになった心身をゼロ(平)へ導くお手伝いを当院で行ないます。

ホームページはこちら
https://www.harimuroran.com/

症例報告

背中の痛みの症例報告であります。この痛みがあるが故に前を向くことが出来ません。するとどうなるでしょう?仕方なく下向き、猫背になります。猫背になると…肩が凝る呼吸が浅い疲れやすいそのように困っていませんか?もともとの要因を振り返ると背中の痛みから始まってい
『前を向けない程の背中の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

足裏の痛み、足底筋膜炎の症例報告であります。また、庇って生活をしていると上行性に症状が出てきました。大腿部の重だるさ・腰痛・背部痛・肩こりと…このような時どのように鍼をして、どう治癒していったのかをツボネットにて報告です。足裏の痛みを取ることはそう簡単で
『荷重時の痛み全身症状 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

顎関節症の方の当院で実際に行った症例を公開します。『口を開けない』(指1本半ほど)『ご飯がたべづらい』『あくびがしづらい』『トマトが食べづらい』など…そう訴える患者さん、私が注目したのは肩甲骨の緊張(コンディショニング)であり、この部を緩めるように施術を組み
『顎関節症 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

耳鳴りの症例を公開します。鍼灸院には耳鳴りの患者さんも来られます。ステロイド薬を飲んでも…と薬を飲んでも効果を感じない方や肩こりが酷くイライラが募ると耳鳴りがするなどパターンは様々であります。まずはどのようにするとどのような音がするのかを聞いていきます。
『耳鳴り 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

顎関節症の方の当院で実際に行った症例を公開します。『口を開けない』(指1本半ほど)『ご飯がたべづらい』『あくびがしづらい』『トマトが食べづらい』など…そう訴える患者さん、私が注目したのは肩甲骨の緊張(コンディショニング)であり、この部を緩めるように施術を組み
『顎関節症 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

後ろを振り向く動作時に痛みが出る方の症例であります。急に襲われた頸部の痛み。今回は少し、特殊と言うか私の中でも発見がありました。このような気づきがあると仕事って終わりがないな…と思ってしまいます。その方が面白いですしね!首の回旋時に関わる頸部の緊張を確認
『寝違え 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

今回は顔の歪みに対しての症例報告であります。夕方になると感じる顔の歪み…そう疲れてくると言う意味です。このような時どこを疑いますか?姿勢と思ってもどこをどのように正せばいいかわからない…私の視点は重心でありました。いくら自分で注意しても治すことが出来ない
『顔の歪みが気になる 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

背中の痛みの症例報告であります、今回の痛み止めの薬であるロキソニン錠を飲み過ぎたことで起こった背部痛、背部痛でも患者さんが『腰よりちょっと上と思ってしまうほど背中の下の方の痛み』であります。解剖学的な用語を使うと胸腰椎移行部と言います。この文字が示す通り
『背部痛 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

首の回旋動作に制限・痛みが出る症例であります。急に襲われた頸部の痛みでありますがこのような時こそ鍼施術がお手伝いできるかもしれません。今回の患者さんは、何だか評判の良いお店って聞いたわと来院されました!また、鍼の即効性も気になると言うこともおっしゃってい
『寝違え 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

頭痛の症例です!本症例のポイントは熱が上部にこもることで起きたものでありこの熱を下げるために道筋を作ったものであります。軽いのぼせと捉えることが出来ると施術もスムーズにすすめることができました!顔面部が熱く感じ、頭頂まで尖ったような痛みを経験したことはあ
『頭痛 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

首を横に倒す動作に制限・痛みが出る症例であります。急に襲われた頸部の痛みでありますがこのような時こそ鍼施術がお手伝いできるかもしれません。今回の患者さんは、他マッサージ店・整骨院かかっており違う手段として当院を選んでいただきました。当院を選んだ理由は即効
『寝違え 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

足首の痛み特に今回は足の甲の痛みです。歩くと痛い足首、ようやく当院まで来れる状況になった4日目に私がみました!歩行すると跛行になり上手に歩くことが出来ません。このような時にどのように身体をみて施術をしていくのかを書きました。しかも今回は使ったツボが1つ!
『モートン病、足の甲の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

背中の痛みの症例報告であります。この痛みがあるが故に仰向けで寝ることが出来ません。するとどうなるでしょう?仕方なく横向きで寝ます。横向きで寝続けていると身体も慣れてしまいその状態でしか寝れなくなります。患者さんの症状でもある、寝ても寝ても眠い…そのように
『背中が痛くて仰向けで寝れない 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

足首の違和感・詰まりについて当院の症例を公開します。歩いていると痛くなる、足首。しかし、現場では再現できません。いっぱい歩けとは言えません。。そこで足首を成す筋肉にストレッチをして疼痛誘発を行いました。すると痛みが再現されました。そのため、この痛みを取り
『足首の違和感を・つまり 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

頭痛の症例報告であります。首の痛みが伴う頭痛であり、今回は上を向くとさらに痛みが増すような状態であります。そのような中注目したのはどこだと思いますか?話を聞いていると忙しい時間が多く座っている時間が長かったと言っていました。そこで座っているときに硬くなり
『頭痛と上を向くと痛い首 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

背中の痛みの症例報告であります、とにかく背中の動き、肩甲骨の動きが伴うと痛いッと聞こえてきたのが印象的な症例であります。不意に感じる背中の痛み、皆さんも一度は経験したことがあるのではないのでしょうか?バキバキする…と患者さんは言います。このような鍼施術で
『背中の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

後ろを振り向く動作時に痛みが出る方の症例であります。急に襲われた頸部の痛み。今回は少し、特殊と言うか私の中でも発見がありました。このような気づきがあると仕事って終わりがないな…と思ってしまいます。その方が面白いですしね!首の回旋時に関わる頸部の緊張を確認
『後ろを振り向くと痛い 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

頭痛の症例です!中でも鼻炎を伴うものであります。本症例のポイントは熱が上部にこもることで起きたものでありこの熱を下げるために道筋を作ったものであります。軽いのぼせと捉えることが出来ると施術もスムーズにすすめることができました!鼻炎での施術の取り組み方・考
『鼻炎を伴う頭痛 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

脚のお悩みについて当院の症例を公開します。今回は常時足が攣りやすいと言う悩みでした。脚が攣る原因は運動不足、柔軟不足、冷え、水分、塩分の問題など考えることができますが鍼灸も脚が攣るときに有効な手段の1つであります。腰の神経の賦活化、殿筋群の緊張緩和による
『脚が1日10回ほど攣る 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

顎関節症の方の当院で実際に行った症例を公開します。『口を開けない』(指1本半ほど)『ご飯がたべづらい』…そう訴える患者さん、私が注目したのは肩甲骨の緊張(コンディショニング)であり、この部を緩めるように施術を組み立てました。【詳しい症例はこちらへ】ツボをしっ
『顎関節症 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

踵の痛みの症例報告であります。立位で暮らす私達、痛くなければ考えることなくなく無意識に暮らしていますが痛いとそこに意識が行きますよね!?それは『痛いから』であります。考えてみると大地と接する足裏、負荷はかかりますしなぜ痛いのか?痛くないのか?を今一度考え
『踵の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

後ろを向く動作・下を向く動作に制限・痛みが出る症例であります。急に襲われた頸部の痛み。在宅時間が長くなる、今日この頃、負担になる部分はどこでしょうか?今回は背部の緊張に注目しました。机に座る時間が長くなり手の緊張や背中の緊張が首の動きを制限してしまいまし
『寝違い 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

踵の痛みの症例報告であります。急に発症した踵の痛み、踵が痛いから踵に原因があるとは考えません!確立された見立てで身体の緊張をみていきます。今回は股関節の緊張・ふくらはぎの緊張が大きく関与していました。踵に鍼する!?足裏に鍼する!?考えただけで怖いです。ぜ
『踵の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

下を向くと首の付け根が痛い方の症例であります。急に襲われた頸部の痛み。在宅時間が長くなる、今日この頃、負担になる部分はどこでしょうか?今回、座っている時間が長いと負担のかかる下半身に注目しました。ふくらはぎのツボを使うと大幅に動きが良くなりました。小さな
『寝違い 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

腰背部の痛みの症例報告であります、職業柄負担のかかりやすい腰背部。この部が同時に痛む場合どのように考え、どのように施術をしていったのかを綴りました。臀部等に鍼をして緊張を緩めると背中の緊張も緩みました。鍼では、身体の緊張をみて必要なツボに鍼をして動きを良
『腰背部の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

足関節捻挫について当院の症例を公開します。患部の腫れ・歩行時痛をどのように考えどう組み立てたかを書きました。足関節の捻挫は、腓骨の動きや緊張と関わります。この時に的確なツボに鍼を出来ると動きが変わります。なかでも腓骨は足関節成す骨であり、筋肉で言えば長腓
『足関節捻挫 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

背中・肩の痛みの症例報告であります、職業柄負担のかかりやすい臀部が原因でした。この部に鍼をして緊張を緩めると背中の緊張も緩めました。鍼では、身体の緊張をみて必要なツボに鍼をして動きを良くしていきます。どこがどのように痛むのか?が本症例の共有目標となりまし
『背中・肩の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

当院の症例を公開します。今回は足指の痛みに対して施術を行った症例報告であります。ちょうど関節に出来た異物を鍼でお手伝いしました。ランニングなど足指に負荷がかかるスポーツでの痛みでした、身体をみていくと股関節の硬さが原因とみました。そこで対側の腰部に鍼をす
『足指の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

背部痛を抱え、上を向けない方の症例報告をします。立ち作業が多く、背部痛を抱えている人多いと思います。なぜなら臀部の緊張は肩甲骨間部と連動し、呼吸さえも関連してしまうからです。なので、背部痛を訴え仕事柄を聞きまずは臀部の緊張をみました。すると、大転子付近に
『背部痛と上を向けない 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

背中の痛みの症例報告であります、職業柄負担のかかりやすい臀部が原因でした。この部に鍼をして緊張を緩めると背中の緊張も緩めました。鍼では、身体の緊張をみて必要なツボに鍼をして動きを良くしていきます。どこがどのように痛むのか?が本症例の共有目標となりました!
『背部痛 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

雪かき後から感じた首と腰の痛み症例であります。雪かき後からの不調…動作を考え施術を組み立てました。小さなツボを捉えると大きな動きになります。まずは急性期と言うことで背骨の緊張に注目しました。すると特異的な緊張がみられます。胸椎5番目にその緊張がみられ、そ
『首・腰の痛み 登別室蘭すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

三角骨障害について当院の症例を公開します。ふくらはぎの痛みを伴う三角骨障害、この足関節の動きを整えることを考え施術に当たりました。どのようにすると痛いのか?どこが痛いのか?足関節の構造を考え、重心と腰部の緊張に注目しました。鍼をすると動きが変わったので後
『三角骨障害 登別室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

脚の痛みについて当院の症例を公開します。急激な負荷にて痛めた脚、挙げたりするのが精一杯の状態で来院されました。そこで脚のツボをみる前に炎症反応があったのでそれを取り除くように施術を組み立てました。炎症反応は背骨をみて判断していきます。鍼灸師としての腕の見
『下肢筋肉痛 登別室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

虫垂炎手術痕の痛みで悩む方の症例報告であります。ズキズキと身体の奥の方へ痛む患部、鍼灸院にはこのような方が訪れます。まずはどこが痛むのかを確認します。次にツボの反応をみます。そして背中の緊張を確認出来たら鍼をします。ですから…お腹の痛み=足三里ではないので
『虫垂炎手術痕の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

最近、妊婦さんの受療が多い当院。逆子、腰痛、背部痛、肩こり、むくみ等様々でありますが今回は一番多い、逆子であります。鍼灸ではどのようにに考えて施術を行うのかをツボネットにて報告しました。右の横位であり、右の股関節症状あり…まずはこの症状を取り除くことをか
『逆子 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

背中の痛み・肩の運動制限により背中をかけない方の症例報告であります、職業柄負担のかかりやすい臀部が原因でした。この部に鍼をして緊張を緩めると肩の動きが良くなり、背中の緊張も緩めました。鍼では、身体の緊張をみて必要なツボに鍼をして動きを良くしていきます。ど
『背中の痛み・肩の運動制限 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

上を向くと気分が悪い方の症例報告です。ストレッチをしていて、この動きが出来ない…この動きをすると気分が悪くなる…このように思う方も多いのではないでしょうか?【症例はこちら】どのようにすると痛いのかを共有し、施術方針を定めていきます!今回は患者さん自身がど
『上を向くと気分が悪い 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

目の症状で悩む方も当院へ来られます。眼精疲労の多くは頸部の緊張が原因となることが多くその緊張を解すように施術を行っていきます。もしかしたら、その緊張部に鍼をすればよいと思う方もいるかもしれません、しかしそれでは解決には至らないのであります。問題を解決する
『眩しい眼精疲労 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

最近、妊婦さんの受療が多い当院。逆子、腰痛、背部痛、肩こり、むくみ等様々でありますが今回は眼の症状があり寝付けない、ストレスになり便秘になったという方であります、鍼灸でこのように考えて施術を行うのかをツボネットにて報告しました。寝ると症状が出るということ
『眼・便秘症状で悩む妊婦 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

首・背中の痛みによって寝返り動作時の痛む方の症例報告であります、職業柄負担のかかりやすい頸部・背部が急に痛くなってきました。すると『首が太く感じた』・『息が苦しい』などの症状が現れます・このような時、どうしますか?鍼では、身体の緊張をみて必要なツボに鍼を
『頸背部の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

上を向くと痛いが痛い方の症例であります。急に襲われた頸部の痛み。デスクワークが長くなると負担になる部分はどこでしょうか?今回、座っている時間が長いと負担のかかる臀部に注目しました。臀部ツボ、仙骨のツボを大幅に動きが良くなりました。小さなツボを捉えると大き
『首の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

足関節捻挫後遺症について当院の症例を公開します。患部の腫れ・歩行時痛をどのように考えどう組み立てたかを書きました。足関節の捻挫腓骨の動きや緊張と関わります。この時に的確なツボに鍼を出来ると動きが変わります。腓骨は足関節成す骨であり、筋肉で言えば長腓骨筋が
『足関節捻挫後遺症 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

以前に過敏性腸症候群と診断を受け、コロコロ便が続く方の症例であります。仕事を始めてから変わった体内環境、単に『ストレスが原因です』と言えば簡単ですが求めているのは違います。腸の不調により、仕事の時はお腹がはり、仕事が休みの前の日には下剤を飲む日々…腸本来
『コロコロ便の悩み 過敏性腸症候群 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

首の下向き・回旋動作が痛い方の症例であります。急に襲われた頸部の激痛。熱感もありいわゆる炎症反応をおこしています。このようなとき身体の連動を整えることで対応していきます。焦ることなく、動きに注目し施術を行うと最短ルートを描き、目標を達成することが出来まし
『頸部に起きた激痛 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

眼の奥が痛い方の症例であります。1年間続いた痛みも鍼灸で解決できました、鍼灸だからこそ出来るツボの力が大きく作用しました!私が注目したのは、首の動きであります。本人も首・肩こりがあったもののここまで首の動きが悪いとは知らなかったようです。臨床では、このよ
『眼の奥の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

背中の痛みによる不眠症状で悩む方の症例報告です。どのようにすると痛むのか?が本症例の共有目標となりました!その動きは深呼吸、この動きのときに肩甲骨内縁の動きに制限がかかり痛みとなっていました。【症例はこちら】背中の痛みは内臓疾患も関わるので一概には言えま
『背中の痛み・不眠 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

水の中に入っているかのような耳の閉塞感についての症例報告であります。本症例は、耳鼻科で『低音障害型感音性難聴』の診断を受けました。それから月日が経ち薬漬けの毎日、そのような方を目の前に施術をしました。【症例はこちら】耳鳴りでお困りの方も多いと思います。早
『耳の閉塞感 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

踵の痛みの症例報告であります。立位時間が長くなることで発症した踵の痛み、踵が痛いから踵に原因があるとは考えません!確立された見立てで身体の緊張をみていきます。【症例はこちら】踵の痛み、当院はかかる負担を減らす、他関節の緊張を取り除くことを考えます。そのた
『踵の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

上を向けない方の症例をあげました。患者さん本人はクッションを当てると動きがよくなるとわかっている。ただ、これ以上のことは出来ません。患者さんに寄り添うことで見えてくることがあります、それは身体の緊張であります。連動をポイントを見抜き適切な箇所へ鍼をするこ
『上を向けない 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

顎関節症の方の当院で実際に行った症例を公開します。『口を開けない』(指1本半ほど)『ご飯がたべづらい』…そう訴える患者さん、私が注目したのは肩甲骨の緊張(コンディショニング)であり、この部を緩めるように施術を組み立てました。【詳しい症例はこちらへ】ツボをしっ
『顎関節症 登別室蘭登別すのさき鍼灸 症例報告』の画像

↑このページのトップヘ