すのさき鍼灸整骨院 副院長のブログ

北海道室蘭市にある鍼灸整骨院『すのさき鍼灸整骨院』の副院長ブログであります。鍼灸のイメージを変えるために常に“鍼アップ☆”と言う想いで現場にいます。それにこの場所が“鍼ウッドの拠点”になり、来てくれる皆様が主役になれるようにお手伝いします! ブログ内では、お知らせ・イベント情報を載せて皆様のもとへお届けしたいと思います。 よろしくお願いします。

すのさき鍼灸整骨院 副院長のブログ イメージ画像
身体を痛めると“あの頃は元気だったのになぁ…”と思い返してしまう事が多々あります。あなたの心の中には、あの頃に自分に戻りたい。〇〇したいと言う感情が生まれます。そのようなマイナスになった心身をゼロ(平)へ導くお手伝いを当院で行ないます。

ホームページはこちら
https://www.harimuroran.com/

整動鍼

投球痛・大腿部の張り感で悩むピッチャー症例であります。実際に施術するところで動いてもらいどのようにすると痛いのかを探していきました。本件は投げる動作が痛かったので投げれるようになるためにはどのようにしたら良いのかを考えていきました。野球部に所属している患
『投球痛 大腿部の張り感 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

今回は、サッカー出来ない程の膝を中心とした痛みの症例であります。実際に施術するところで動いてもらいどのようにすると痛いのかを探していきました。本件は走る動作が痛かったので走れるようになるためにはどのようにしたら良いのかを考えていきます。サッカー部に所属し
『オスグッド病 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

足首捻挫後の足首の痛みについて当院の症例を公開します。たいていは外側の靭帯が傷つき痛むことが多いのですが今回は内側・外側両方痛むようでした。少し珍しいパターンかもしれません。まずは骨折でないかをみていきます。腫れ具合骨への圧痛動作時痛をみていき判断しまし
『足首捻挫後の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

脚の痛み・痺れについて当院の症例を公開します。歩く・立つで最初は痛かった脚の痛み、まずは臀部・腰部の緊張を解すことから始めました。施術を繰り返し、変化を拾い最適なツボを選ぶことで改善された症例であります。今回のようにステップを患者さんと踏むことで取り組ん
『脚の痛み・痺れ 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

足関節捻挫について当院の症例を公開します。患部の腫れ・歩行時痛をどのように考えどう組み立てたかを書きました。足関節の捻挫は、腓骨の動きや緊張と関わります。この時に的確なツボに鍼を出来ると動きが変わります。なかでも腓骨は足関節成す骨であり、筋肉で言えば長腓
『重度の足首捻挫 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

顎関節症の方の当院で実際に行った症例を公開します。『口を開けれない』(本人の自覚はそれほどではない)『ご飯がたべづらい』『顎の鋭い痛みがある』『身体が歪んでいるようだ』『肩が凝りやすい』『食いしばるときに痛みがある』など…そう訴える患者さん、私が注目したの
『顎関節症 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

足関節捻挫様症状について当院の症例を公開します。患部の腫れ・歩行時痛をどのように考えどう組み立てたかを書きました。足関節の捻挫は、腓骨の動きや緊張と関わります。この時に的確なツボに鍼を出来ると動きが変わります。なかでも腓骨は足関節を成す骨であり、筋肉で言
『朝起きると足関節が腫れていた 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

下半身全般の痛みについて当院の症例を公開します。特に踵の痛みについてであります。立った時にどこが一番気になるかをみていきました。すると『踵』でした。立位時の踵は言うまでもなく地面接地により痛みを発しやすいのはイメージできると思います。まずは踵を痛くないと
『立つと痛い下半身 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

今回は、サッカー部に所属しボールインパクト時に痛む症例であります。実際に施術するところで動いてもらいどのようにすると痛いのかを探していきました。サッカー部に所属している患者さん、怪我に悩まされています。これまでの既往を聞くと痛々しい限りでしたが何とかお手
『軽い肉離れ 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

脚の痛みについて当院の症例を公開します。特に脛の痛みについてであります。脛の大きな筋肉である前脛骨筋に強い張り感・圧痛がみられました。前脛骨筋は歩行・走行・立位全ての動作に関わるため臀部・背中・肩甲骨から影響を受けます。丁寧に細かくみていくと胸椎下部に特
『脛の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

今回は、コロナウイルス明けのサッカーの試合で痛めた股関節の痛みの症例であります。実際に施術するところで動いてもらいどのようにすると痛いのかを探していきました。本件は蹴る動作が痛かったので股関節の動きを高めるためにはどのようにしたら良いのかを考えていきます
『股関節痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

顎関節症の方の当院で実際に行った症例を公開します。『口を開けれない』(指1本半ほど)『ご飯がたべづらい』『あくびがしづらい』『身体が歪んでいるようだ』『肩が凝る』『口を閉じるときにガクッガクッと音がなる』など…そう訴える患者さん、私が注目したのは肩甲骨の緊
『顎関節症 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

今回は、部活動に参加出来ない程の膝を中心とした痛みの症例であります。実際に施術するところで動いてもらいどのようにすると痛いのかを探していきました。本件は歩く動作が痛かったので歩けるようになるためにはどのようにしたら良いのかを考えていきます。サッカー部に所
『部活後再開により痛めた膝・大腿部 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

今回は、部活動に参加出来ない程の腰の痛みの症例であります。実際に施術するところで動いてもらいどのようにすると痛いのかを探していきました。本件は反る動きであったため、反れるようになるためにはどのようにしたら良いのかを考えていきます。上肢を使うスポーツで痛め
『部活動に参加できない腰痛 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

顎関節症の方の当院で実際に行った症例を公開します。『口を開けない』(指1本半ほど)『ご飯がたべづらい』『あくびがしづらい』『トマトが食べづらい』など…そう訴える患者さん、私が注目したのは肩甲骨の緊張(コンディショニング)であり、この部を緩めるように施術を組み
『顎関節症 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

顎関節症の方の当院で実際に行った症例を公開します。『口を開けない』(指1本半ほど)『ご飯がたべづらい』『あくびがしづらい』『トマトが食べづらい』など…そう訴える患者さん、私が注目したのは肩甲骨の緊張(コンディショニング)であり、この部を緩めるように施術を組み
『顎関節症 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

足首の痛み特に今回は足の甲の痛みです。歩くと痛い足首、ようやく当院まで来れる状況になった4日目に私がみました!歩行すると跛行になり上手に歩くことが出来ません。このような時にどのように身体をみて施術をしていくのかを書きました。しかも今回は使ったツボが1つ!
『モートン病、足の甲の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

足首の違和感・詰まりについて当院の症例を公開します。歩いていると痛くなる、足首。しかし、現場では再現できません。いっぱい歩けとは言えません。。そこで足首を成す筋肉にストレッチをして疼痛誘発を行いました。すると痛みが再現されました。そのため、この痛みを取り
『足首の違和感を・つまり 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

脚のお悩みについて当院の症例を公開します。今回は常時足が攣りやすいと言う悩みでした。脚が攣る原因は運動不足、柔軟不足、冷え、水分、塩分の問題など考えることができますが鍼灸も脚が攣るときに有効な手段の1つであります。腰の神経の賦活化、殿筋群の緊張緩和による
『脚が1日10回ほど攣る 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

顎関節症の方の当院で実際に行った症例を公開します。『口を開けない』(指1本半ほど)『ご飯がたべづらい』…そう訴える患者さん、私が注目したのは肩甲骨の緊張(コンディショニング)であり、この部を緩めるように施術を組み立てました。【詳しい症例はこちらへ】ツボをしっ
『顎関節症 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

足関節捻挫について当院の症例を公開します。患部の腫れ・歩行時痛をどのように考えどう組み立てたかを書きました。足関節の捻挫は、腓骨の動きや緊張と関わります。この時に的確なツボに鍼を出来ると動きが変わります。なかでも腓骨は足関節成す骨であり、筋肉で言えば長腓
『足関節捻挫 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

当院の症例を公開します。今回は足指の痛みに対して施術を行った症例報告であります。ちょうど関節に出来た異物を鍼でお手伝いしました。ランニングなど足指に負荷がかかるスポーツでの痛みでした、身体をみていくと股関節の硬さが原因とみました。そこで対側の腰部に鍼をす
『足指の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

三角骨障害について当院の症例を公開します。ふくらはぎの痛みを伴う三角骨障害、この足関節の動きを整えることを考え施術に当たりました。どのようにすると痛いのか?どこが痛いのか?足関節の構造を考え、重心と腰部の緊張に注目しました。鍼をすると動きが変わったので後
『三角骨障害 登別室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

脚の痛みについて当院の症例を公開します。急激な負荷にて痛めた脚、挙げたりするのが精一杯の状態で来院されました。そこで脚のツボをみる前に炎症反応があったのでそれを取り除くように施術を組み立てました。炎症反応は背骨をみて判断していきます。鍼灸師としての腕の見
『下肢筋肉痛 登別室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

足関節捻挫後遺症について当院の症例を公開します。患部の腫れ・歩行時痛をどのように考えどう組み立てたかを書きました。足関節の捻挫腓骨の動きや緊張と関わります。この時に的確なツボに鍼を出来ると動きが変わります。腓骨は足関節成す骨であり、筋肉で言えば長腓骨筋が
『足関節捻挫後遺症 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

バトントワーリングの選手の動きの改善の症例であります。中学校2年生で大会が立て続けにある中、鍼をして動きの改善を一緒に目指しました。2週間の安静を言われ治らなかった患者さんを目の前で行ったのは連動の回復を目的とした施術であります。【詳細はこちら】シンプル
『バトントワーリングの動きの改善 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

顎関節症の方の当院で実際に行った症例を公開します。『口を開けない』(指1本半ほど)『ご飯がたべづらい』…そう訴える患者さん、私が注目したのは肩甲骨の緊張(コンディショニング)であり、この部を緩めるように施術を組み立てました。【詳しい症例はこちらへ】ツボをしっ
『顎関節症 登別室蘭登別すのさき鍼灸 症例報告』の画像

顎関節症の方の当院で実際に行った症例を公開します。『パキパキ音がなる』『口が開きづらくて』…そう訴える患者さん、私が注目したのは肩甲骨の緊張(コンディショニング)であり、ここを解きほぐすように施術を組み立てていきました。【詳しい症例はこちらへ】ツボをしっか
『顎関節症 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

顎関節症・瞼が重たい方の当院で実際に行った症例を公開します。『口がひらきづらい』『瞼が重たく目の開きが悪くて』…そう訴える患者さん、私が注目したのは後頭部の緊張であり、ここを解きほぐすように施術を組み立てていきました。【詳しい症例はこちらへ】ツボをしっか
『顎関節症・瞼が重たい 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

顎関節症について当院の症例を公開します。『口がひらきづらい』…そう訴える患者んを目の前に鍼灸施術では肩甲骨のコンディショニングに注目し施術しました。【顎関節症の症例】ツボをしっかりと捉えると大きな効果を生むのです!この時は3本の鍼をしました!同じようにお
『顎関節症 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

脚の痛みについて当院の症例を公開します。どの姿勢でも最初は痛かった脚の痛み、まずは臀部の緊張を解すことから始めました。ステップを患者さんと踏むことで取り組んでいきます。【症例はこちら】いかがでしたか?ツボをしっかりと捉えると大きな効果を生むのです!本症例
『脚の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

足首痛について当院の症例を公開します。動きでアプローチしていきます。今回は背屈制限でした。【症例はこちら】いかがでしたか?ツボをしっかりと捉えると大きな効果を生むのです!同じようにお悩みの方はご連絡ください。すのさき鍼灸整骨院室蘭市東町4-1-13~開業
『足首の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

『シーバー病』と診断を受けた踵の痛みについて当院の症例を公開します。踵が痛いからと言って踵に原因があるでしょうか?また、安静にしていれば治るものでしょうか?鍼灸では踵のツボに刺すイメージがあるかもしれませんが当院の施術は違います!“踵にかかる過剰な負担を
『シーバー病と診断を受けた踵の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院』の画像

足首・臀部痛について当院の症例を公開します。これは同時に取れた症例であり、姿勢の悪さが原因と思っていた患者さんを重心を整えることで施術しました。使った鍼は1本、1つのツボであります。【足首・臀部痛の症例】いかがでしたか?姿勢が悪いな?と思っている方は多いは
『足首・臀部痛 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院症例報告』の画像

外脛骨の痛みについて当院の症例を公開します。子供の悩み最近増えています!オスグット、シーバー病、腰痛、足首の痛み、足首捻挫、肩の痛みなど部活動によって違いますが今回は有痛性外脛骨についてであります。【足関節捻挫後遺症の症例】いかがでしたか?休むことは必要
『有痛性外脛骨 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院症例報告』の画像

足首の痛みについて当院の症例を公開します。足首の痛みは私もサッカー部だったこともあり経験しているので得意な治療の1つであります。基本は動きをみて、アプローチしていきます。【足関節捻挫後遺症の症例】いかがでしたか?劇的に変わっていく姿は見ていてこっちも嬉し
『捻挫によりサッカーができない 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院症例報告』の画像

足首の痛みについて当院の症例を公開します。動きをみて、アプローチしていきます。【足首の硬さ・速足が出来ない症例】いかがでしたか?旅行まで出来て本人、家族様からもとても喜ばれました。足首捻挫の後遺症は残りやすいものです。ツボをしっかりと捉えると大きな効果を
『足関節捻挫後遺症 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院症例報告』の画像

仙腸関節炎と診断がついた痛みについて症例報告です。ポイントは、股関節の可動性。臀部の緊張でありました。【仙腸関節と診断がついた症例】いかがでしたか?ツボをしっかりと捉えると大きな効果を生むのです!同じようにお悩みの方はご連絡ください。すのさき鍼灸整骨院室
『仙腸関節炎と診断がついた痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院症例報告』の画像

乳房切除後疼痛の症例報告であります。骨で言えば、鎖骨に注目しました。筋肉で言えば、大胸筋・胸鎖乳突筋の緊張を緩めることを考え施術していきます。【症例はこちら】鎖骨は手の指の動きをコントロールし、木登りには必要な骨と言われています。それだけ重要な骨でありま
『乳房切除後疼痛 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院症例報告』の画像

顎関節症と首の痛み突っ張りについて当院の症例を公開します。朝、突然感じた顎の違和感についてであります。【開口不全・顎関節症の症例】いかがでしたか?ツボをしっかりと捉えると大きな効果を生むのです!同じようにお悩みの方はご連絡ください。すのさき鍼灸整骨院室蘭
『顎関節症の症例 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院症例報告』の画像

足首通について当院の症例を公開します。動きでアプローチしていきます。今回は背屈制限でした。【足首の違和感と肩こりが同時にとれた症例】いかがでしたか?ツボをしっかりと捉えると大きな効果を生むのです!同じようにお悩みの方はご連絡ください。すのさき鍼灸整骨院室
『足首の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院 症例報告』の画像

当院の症例を公開します。本症例は、モートン病と思われる症例をあげました。【歩くと足指が痛む・モートン病と思われる症状】いかがでしたか?損傷程度が大きくても可能なこともあります。同じようにお悩みの方はご連絡ください。すのさき鍼灸整骨院室蘭市東町4-1-13
『モートン病と思われる足の痛み 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院症例報告』の画像

当院の症例を公開します。本症例は、足関節捻挫の施術であります。1回目から大幅な改善が見られました。1本の鍼で動きを整える施術は整動鍼の得意分野であります。【症例はこちら】いかがでしたか?損傷程度が大きくても可能なこともあります。なかなか治らない足関節捻挫
『足関節捻挫の施術 室蘭登別すのさき鍼灸整骨院症例報告』の画像

施術がオーダーメイドである理由をコラムで書きました。【←クリック】 肩だけに問題あることは少ないので、それをわかってほしくコラムでまとめています。是非ご覧ください!〇すのさき鍼灸整骨院室蘭市東町4-1-13~開業して38年~これまで培った経験を生まれ育っ
『私の施術がオーダーメイドである理由は?』の画像

頸の痛み・肩凝りに関するコラムを書きましたのでお知らせです。頸の痛み・肩凝りに関するコラム【←クリック】 この症状で悩む方が多いのには訳があります。それはなぜか?多方面から考え、鍼灸師ならこう考えるというまとめで締めています。是非ご覧ください!〇すのさき
『ツボネットにてコラム書きました。』の画像

腰痛に関するコラムを書きましたのでお知らせです。腰痛に関するコラム【←クリック】 今回は腰痛・ぎっくり腰についてです。なぜ月曜日の午前中に多いのか?そのようなことも一緒に考えてもらえると嬉しいです。また、腰痛における自己チェックを書いています。朝起きたと

と言うことで…整動協会のセミナーに参加してきました。6月10日11日は札幌活法(肩こり編)6月17日18日は東京整動鍼応用編(身心和合編)であります。活法は先月の腰痛編に続き2回目、整動鍼は昨年からの積み重ねでアドバンスステージへチャレンジです!今、勉強させても
『2週間続けて月曜日をお休みしました…そのわけは?凝り・こりをすっきりさせたい☆』の画像

昨年からお世話になっている“整動鍼”この中の応用編は基礎編3つを全て受講したものが受けることが出来るコースになっています。札幌で基礎セミナーを開催していただけた経緯もあり、今回東京へ行ってきました。今回は応用編~五体躍動編~にて“知らない事”を学べるチャ
『今年初めての鍼セミナー“五体躍動編”を受講です!五感も躍動するセミナーでした!』の画像

≪歩行器の上の部分を持てない、症例報告≫~悪いのは誰??腰?脊柱?それとも…??~訪問鍼灸での出来事(症例報告)であります。自宅での移動が歩行器の方であり、週に1度の訪問鍼灸を受けている80代女性。 【治療日】平成30年1月 【その日の症状とお悩み】数日
『≪歩行器のハンドルの部分を持てない、症例報告≫~悪いのは誰??腰?脊柱?それとも…??~』の画像

≪ダンスで痛めた下肢の痛み 70代女性≫【来院日】平成30年1月 【患者情報】 70代女性、主婦。※他、本件に関わる既往はなし【症状・お悩み】来院される2日前よりダンスをしていて右下肢が痛くなった。専属のインストラクターの人と組めば痛くはならないのだが、
『≪ダンスで痛めた下肢の痛み 70代女性≫パフォーマンスを高める鍼灸はスポーツの分野で大活躍間違いなしです!!』の画像

↑このページのトップヘ