ギックリ腰の症例報告です。これまでの疲労の蓄積により痛みが貯まり爆発したと思われます。人の体は巧に出来ていてちょっとやそこらのことでは異変・トラブルにならないようになっています。ただ、そのキャパシティーを超えたとき、大爆発を起こすのです。日頃のケアを大事にしましょう!

本症例はキッズルームで子供と遊んでいるときに発したものでかなりの痛みありました。
ハンドルを握るだけでも痛い
ちょっとした振動が腰に響く

このような時、鍼の出番です。
ギックリ腰

【症例はこちら】


今回は、仙腸関節の炎症が一番の要因でありました。この部の緊張がとれると少し余裕が生まれ表情も柔らかくなりました。

ぎっくり腰の施術は痛みのピーク時、初期対応が重要であります。最初が肝心…。
上半身に緊張があると横になったりすることが出来なく、座っているだけでも辛いことがあります。また、激しく痛むため患者さんにとってはどこが痛いのかわからなく増してや押して痛いわけではないと言う状況を作ってしまいます。このような時こそ、冷静に考え施術をすすめていきたいものです。

腰痛でお悩みの方はご連絡ください!

※すのさき鍼灸整骨院
室蘭市東町4-1-13
~開業して38年~
これまで培った経験を生まれ育ったココ室蘭に還元して地域の方、来てくれた方のライフパートナーとして歩んでいきたいと思っています。あなたの〇〇したいという思い、是非お手伝いさせてください!!

ご予約・お問い合わせ⇒0143-43-5635
※“ブログ見ました!”と一言言ってもらえると嬉しいです。

保有資格としては、鍼灸師・柔道整復師・姿勢指導士・ケアマネージャー・福祉住環境コーディネーター

講演活動等の講師依頼も頂いております。
保健衛生講座、お灸教室など地域の方のために全力で対応しますよ(#^^#)

すのさき鍼灸整骨院→ホームページ
口コミサイト→エキテン