肩の痛みについての症例報告であります。急に痛くなった首や肩、問診していると変わったことは“三味線”をはじめたことでした。このことで考えれる首、肩への影響。また、現場では痛みを再現できないときだってあります。ただ、今回は首を傾けると再現できたのでこれを焦点にしてアプローチしました!このようにすると痛い←ではこれを改善できるようにやりましょうと言う流れです。

親指の緊張が首、肩に与えるのは大きいと思えます。なぜならこの親指と人差し指の間にはツボが5つあります。これを使い分けることも腕の見せ所と思います。今回は合谷ではなく、内谷と言うツボを使いました。合谷は人差し指側にとるツボ、内谷は親指側にとるツボであります。このような違いがあります。
首・肩

【症例はこちら】

治りが早かったのは年齢や職業環境、当院の通院歴、発生状況、環境、痛み方など様々な要素があります。これは一概には言えないので来院時に説明します。
また、他関節(今回で言えば、肩関節をはじめ他の関節)が柔軟であったことが早期回復の助けになります。首で言えば、股関節と連動するので股関節が硬いと治るまでの時間もかかると言うことです。

当院ではこのように施術を行っていますので同じようにお悩みの方はご連絡ください。


※すのさき鍼灸整骨院
室蘭市東町4-1-13
~開業して38年~
これまで培った経験を生まれ育ったココ室蘭に還元して地域の方、来てくれた方のライフパートナーとして歩んでいきたいと思っています。あなたの〇〇したいという思い、是非お手伝いさせてください!!

ご予約・お問い合わせ⇒0143-43-5635
※“ブログ見ました!”と一言言ってもらえると嬉しいです。

保有資格としては、鍼灸師・柔道整復師・姿勢指導士・ケアマネージャー・福祉住環境コーディネーター

講演活動等の講師依頼も頂いております。
保健衛生講座、お灸教室など地域の方のために全力で対応しますよ(#^^#)

すのさき鍼灸整骨院→ホームページ
口コミサイト→エキテン